« 再び30km走 | トップページ | 別大前最後の30km走 »

2016年1月24日 (日)

東京赤羽ハーフマラソン

び全国的に大雪か・・・という中を、東京赤羽ハーフマラソンのために上京してきました。
天気予報は夕方から雪の予報、実際に東京とは思えない(実際には東京から荒川を挟んだ埼玉ですが:笑)ほどの冷え込みで、「明日はさすがにダメかも。。。」と中止も覚悟をしましたが、日頃の行いの良さなのでしょうか(え?私じゃなく、事務長ですか??)、夕方にわずかに雨がパラついた程度で天気の崩れはなく、大会当日の朝はスッキリの快晴に恵まれました。
流石に吹く風は極めて冷たく、スタート地点でレースの号砲を待つのがとても辛かったのですが、無事開催されたことに感謝の一言でした。
気温5度の中、9時半に事務長が出走の10kmレースがスタートしました。
この一年ずっと真面目に練習をした成果なのでしょう、1時間10分くらいかなぁ、、、と1時間をチョット過ぎたところでゴールに向かったら、「もうゴールしたよ~」と電話が入ってしまいました。
なんと59分41秒の自己ベスト更新でした!\(^0^)/
やや気温が上がった?代わりに風が強くなりはじめた11時10分にハーフがスタート。
スタート地点で寒風に吹かれながらの30分強で体が冷え切ったためか、はたまた前半は向かい風になったこともあるのか?脚が重く感じられ、ラップは4分半が精一杯な感じ、5kmを過ぎてようやく少し脚が動き始めてくれました。
とは言っても、ここで無理をしてペースを上げても後半がきつくなるだけなので、中間点の折り返しまでは4分半のラップを守ることに専念しました。
前半頑張った分後半は風にも少し押してもらえることもあって、11kmからギアを一段上げてゴールを目指します。
2週間前の谷川真理ハーフ同様、筋トレ・クロストレの効果でしょう、心拍・呼吸数は上がっても苦しいという感じはなく、30km走のおかげで脹脛のピクツキも見られず、4分台一桁のラップを刻んでの快走です。
19km地点からは腿の返しだけを意識してラストスパートのつもりで走ったところ、2kmを3分台で走りきれました。
結果は1時間30分56秒、目標の90分切りには1分ほど足りませんでしたが、2週間後の別府大分に弾みをつけるランができました。(^-^)/

16_3

|

« 再び30km走 | トップページ | 別大前最後の30km走 »

大会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再び30km走 | トップページ | 別大前最後の30km走 »