« お久しぶりのドームラン | トップページ | クロストレーニング その後 »

2015年11月16日 (月)

さいたま国際マラソン

11/14土をお休みさせてもらって、11/15の第1回さいたま国際マラソンに出場してきました。

天気予報では午前中ガッチリ雨マークだったのですが、実際にはほんのわずかぱらついた程度で、後半にはお日様も顔をのぞかせる、ある意味絶好のコンディション(暑くもなく、寒くもなく)でした。
大会HPのコース案内を見て、「アップダウンは大きくて15mくらいだから、ほぼ平坦みたいなものだな」と勝手に思っていたのですが、、、
実際に走ってみると、細かなアップダウンの繰り返しで結構タフなコースでした。

基本(自己申告なのでサバ読みもいたようですが)サブフォーのみの大会なので、サブ3.5とはいえA~Dのブロック割でCブロックとなり前に2700人がいる計算、スタート会場のさいたまスーパーアリーナ(中は広くて暖かくてとても良かった)について荷物を置いたらすぐにスタート前集合場所に行って先頭に並びました。
約1時間待ってゲートが開いてコースへ、たまたま隣に並んだ方が自分と同じくらいからマラソンを始め、来年2月の別大にもエントリーしたとのことで、スタートまでの小一時間を楽しく会話して過ごせました。

スタートの号砲が鳴って1分半強でスタートラインを通過、最初の1時間はエクサミュージックの185bpmに合わせてゆっくり目に入る作戦です。
どんどん追い越されてしまいますが、焦れば後半持たなくなるのでとにかく我慢、5kmで塩熱サプリとスポーツドリンク、10kmでは加えてアミノバイタルゼリーも入れて体力温存を図ります。
予定通り5分をわずかに切るラップで12km地点を迎えたところで、音楽が190bpmの懐かしアニメソングバージョン(30分版)に切り替わって、少しペースが上がります。
クロストレーニングの効果もあるのでしょう、特に疲れも感じることなくラップを重ね、20kmあたりでもう少しペースを上げたい気持ちも湧いたりしましたが、勝負は30kmからと言い聞かせて自重です。
いつもは少し辛くなり始める25km地点も淡々と通過、気持ち的にも心肺的にも余裕があったので、これなら・・・と思ったのですが、やはりそう簡単には問屋が卸してくれないものですね。
細かなアップダウンが次第に余裕を奪っていたようで、勝負どころの30km地点を過ぎたあたりから右ふくらはぎがピクピク言いはじめました。
35kmを過ぎるとピクつきの頻度も増えてきましたが、「大丈夫、この間の練習の積み重ねがあるから、これくらいならゴールまで持つ!」と言い聞かせながら、足首を固定して滑らせるように前に出す忍者走法で190bpmの音楽に合わせて走り続けました。

結果は、、、さすがにスタートで1分半のロスがあるのでグロス(公式記録)では2月の東京に及びませんでしたが、ネットの速報値では3時間26分49秒で自己ベスト更新ができました。

来年2月の夢の別府大分毎日マラソン(3時間半の制限)に向けて、練習重ねて頑張ろうと思います。(^-^)/

Saitama_2


|

« お久しぶりのドームラン | トップページ | クロストレーニング その後 »

大会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お久しぶりのドームラン | トップページ | クロストレーニング その後 »