« ゆっくり長く | トップページ | リハビリラン敢行 »

2015年3月24日 (火)

初めての・・・(>_<)

3/22は荒川土手を走る板橋Cityマラソンに出場してきました。
3/14と17の練習ランで左下腿に痛みが出現し、その後ランを休んで痛みもほとんど気にならなくなったつもりだったのですが…
走れるほどには治っていなかったようで、5kmの時点で軽い痛みが出現、その後騙し騙し走ったのですが、庇ってフォームが崩れているからでしょう、予定していたラップは守れず、25kmからハッキリ痛みが感じられるようになって、30kmからは脚がどんどん重くなり、痛みも明らかに増強、35kmのシャーベット・エイドでとうとう走れなくなりました。
リタイヤだけはしたくないと、オレンジシャーベットを食べながらゴール目指して歩き始めましたが、少し歩くと痛みで止まり、止まると筋痙攣が出てくるのを繰り返し、なんと7kmを1時間20分もかかってようやくゴール地点にたどり着きました。
マラソンを始めて3年半ですが、レースを途中で諦めたのは初めての経験でした。
15
ゴール後左下腿は炎症を起こして赤く・パンパンに腫れ、湿布を貼ってしのごうと思いましたが悪化の一途をたどり、歩くのもままならなくなってしまいました。
鎮痛剤を飲み、さらに座薬を入れ、湿布にピップエレキバンと試してみましたが、全くと言っていいほど改善はなく、これはもう整形外科受診しかないか。。。と思いながら、最後の頼りに漢方薬(疎経活血湯)を試してみたところ、なんと見る見る間に痛みが軽減、飲んで2時間後には軽い痛みがあるものの、ほぼ普通に歩けるようになりました。
とは言っても、ここで調子に乗ってトレーニングを再開したりすると元の木阿弥になってしまいますから、しばらくは左下肢に負担のかからないメニューで筋トレをするなどして、脚力保持を図るようにします。
6月のいわて銀河100kmになんとか間に合うかなぁ…

|

« ゆっくり長く | トップページ | リハビリラン敢行 »

大会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆっくり長く | トップページ | リハビリラン敢行 »