« 東京マラソンまであと4日 | トップページ | リハビリランのつもりが… »

2015年2月24日 (火)

東京マラソンで目標達成!

2/22の東京の朝は今にも雨の降りそうなどん曇りでした。
厳重な警備で大混雑するのだろうと、朝7時半ころに会場に到着したのですが、思いもよらないガラ空き状態で、しばらくウインドブレーカーを着て寒さをしのぎ、8時のゲートイン少し前に雨合羽を羽織ってスタート地点に向かいました。
というわけで、Aグループの中でも前から数列目の位置をゲット。

2015

前方に見えるのは準エリートの面々なので、いかに前かがわかるというもの。
スタート時に舞い上がる紙吹雪の発射機が真横にあります。
待つこと1時間少し、舛添東京都知事の放つ号砲を合図に一斉にスタートを切りました。
今年は昨年果しえなかったサブ3.5を目指して、ラップ5分切りを最後まで保つことが目標ですから、周囲のサブ3の皆さんに引き込まれないように焦らず走りだしました。
前半は快調にラップを刻み、5km毎の電解質タブレット、10km毎のエネルギージェル&アミノ酸顆粒、15km地点では痙攣予防の漢方(芍薬甘草湯)も入れて、万全の態勢(のつもり)で後半に向かいました。
11km地点では応援に来てくれた事務長と娘の姿も見つけて手を振る余裕です。

S__23257093

品川駅前で折り返し、二度目の日比谷交差点を曲がってすぐのハーフ地点も予定通りのタイムで通過と、ここまではすこぶる順調でした。
しかし、、、
ここでハプニングが発生しました。
GPSウォッチがなぜか(おそらく補給で手袋を取るときボタンにぶつかったのでしょう)ポーズモードになり止まってしまったのです。
これで経過時間がわからなくなり、先の計画が不透明になってしまいました。
さらには直前の1週間全く走れなかったためでしょうか、左脚がかなり張ってきました。
次第に鉛のような重さになり、25kmを過ぎ30kmに近づくころには、ピクピクと痙攣をおこしそうにもなり始めました。
昨年はこのあたりでペースメーカーに追い越されたので、スピードを緩めるわけにはいきませんから、必死で手を振り、脚を前に進めます。
途中の公式時間表示を確認すると、時計が止まっていたのは約35分、逆算するとサブ3.5には手元の時計で2時間55分以内でのゴールが必要ということになります。
残りの距離をラップ5分で計算すると、余裕はわずかに2分、かなり厳しい数字です。
そして35km付近でとうとう帽子に青い風船を付けた3.5時間のペースメーカー3人に抜かれました。
「ここで離されたら一巻の終わり」とピクつく脚に鞭を入れて必死に追います。
お台場へ向かう後半最大の難関佃大橋を眼の前にした頃には、左脚はピクピクを通り越してビクンと痙攣するようになりましたが、ここまで来たら潰れるのを覚悟で走り続けるしかありません。
縦長になった3人のペースメーカーのうち2人を追い越し、先頭の風船がしっかり見える位置で食らいつきます。
写真撮影スポットで笑顔を作ったり、手を上げたりする余裕は全くありません。
終えてはまた来る橋越えに、青い風船が近づいたかと思うと遠ざかりを繰り返しながら、ようやく最後のアップダウンを終えた時には、ほとんど脚は棒のようでした。
最後の力を振り絞って最終カーブを曲がり、あと0.195km。
ゴールの電光掲示板を見ると3時間27分の表示、目標のサブ3.5までまだ3分あります。
精根尽き果てていましたが、それでも「やった~」と両手を上げてゴールラインを通過しました。

2015_2

この後数十メートル進み、ポカリスウェットを貰う直前まで来たところで「バキッ」と音がしたように思った瞬間に左足が攣りました。
アッと思った瞬間右足も攣り、目の前にいたボランティアスタッフの女の子が車いすを持ってきてくれました。
それから30分くらい、お尻からふくらはぎまで痙攣を繰り返しましたが、救護室のスタッフの皆さんのおかげでなんとか回復、メダルを受け取って帰路につきました。
ゴールタイム(電光掲示板)は3時間27分41秒、個人記録の速報タイムは3時間27分30秒(=4分55秒/km)で、とうとう目標のサブ3.5達成です!!
ばんざ~い!!\(^0^)/

|

« 東京マラソンまであと4日 | トップページ | リハビリランのつもりが… »

大会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京マラソンまであと4日 | トップページ | リハビリランのつもりが… »