« 最後の調整ラン | トップページ | 東京マラソンの反省とリハビリラン »

2014年2月24日 (月)

遠かったサブ3.5

東京マラソン2014は、気温は少し低いものの、2週続きの大雪が遠い出来事のように、穏やかな天気の中で無事開催されました。
夢の別府大分のエントリー基準のサブ3.5を目指して、途中撃沈覚悟で5分/kmのラップで走り始めましたが、やはり壁は高かった。。。(T_T)
14
25km地点までは何とか目標ラップを守って走ることができていましたが、浅草雷門を折り返したあたりから段々と脚が辛くなり始めました。
レース前の筋トレで違和感を感じていた左膝は全く問題なかったのですが、右足裏と両脚付け根の痛みが出始めて思うようにストライドが伸びず、さらにはふくらはぎにも違和感が出始め、徐々にラップが落ち、30km過ぎには3.5時間のペースメーカーに追い越されてしまいました。
まるで棒になってしまったような脚を必死で前に出してスピードアップをしようとするのですが、繰り返す橋のアップダウンがそれを許してくれません。
それでも沿道の応援に背中を押され、何とか42.195kmを走り切ることができました。
最後はヨタヨタになったように感じたのですが、ラップ記録をみると最後まで6分を切っていますから、トレーニングの甲斐はそれなりにあったのですね。
是非次回のフルマラソンでは、最後まで5分のイーブンペースを守って、目標のサブ3.5を達成したいと思います。
それにしても、今回は脚のダメージが大きかった。
いつもなら一晩経てば軽い違和感程度で歩けるのですが、今日もずっと脚の痛みでヨタヨタしながら歩いています。
やはり練習でロングランする回数を増やさなくてはダメなんだなぁ。。。


|

« 最後の調整ラン | トップページ | 東京マラソンの反省とリハビリラン »

大会報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の調整ラン | トップページ | 東京マラソンの反省とリハビリラン »